BIOGRAPHY

ピアニスト・作曲家

​久保田 千陽

​CHIAKI  KUBOTA   Pianost,Composer

ピアニスト、作編曲家、経営者の各側面からクラシック音楽の新しい世界を提案する次世代型のプレイング・プロデューサー。
3歳よりクラシックピアノを始める。東京都立芸術高等学校音楽科を経て桐朋学園大学音楽学部音楽学科ピアノ専攻を卒業する。同時に高校在学時から編曲、作曲法を独学で学ぶ。 

2017年、日本のサントラ文化を『ジャパン・クラシック』として世界に発信することをコンセプトとした若手クラシック演奏家による音楽団体、『Japan Popular Classics Orchestra (通称JPCO)』をローンチ。日本・アメリカ・韓国のメンバーを含む総勢50名が在籍し、若手演奏家の登竜門となる。2019年3月にはJPCO台北公演を開催し、初の海外進出を果たす。
 
作曲家としては2020年、亀山睦美監督、狗飼恭子脚本監修の映画「マイライフ、ママライフ」(2020年公開予定)にて初の劇伴作家デビューを飾る。また、編曲においては少数の楽器ながらその持ち味を最大に生かしたオーケストレーションを作ることから「久保田サウンド」と呼ばれるアレンジが定評である。
現在、代表取締役を務めるセンヨーミュージックマネジメントではコンサートなどの演奏機会を積極的に企画・展開し若手演奏家の育成と活躍の場を創出するほか、2020年6月よりソニー・ミュージックエンタテインメントの音楽プロジェクト、「STAND UP! ORCHESTRA」の音楽ディレクターとしてもマネジメント・運営に携わっている。

【映画】
『マイライフ、ママライフ』(2020)  劇中音楽
Japan Connects Hollywood 2020 オフィシャルセレクションノミネート
第14回田辺・弁慶映画祭コンペティション部門観客賞
特報映像はこちらから
【アルバム】
Begin 〜始まりの予感〜』(2017)
 
【オリジナル作品(YouTube)』
Signs of Spring